読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あ ば ろ ん

瀧昌史どんぶらこっこすっこっこ旅日記

フクぷく

下関で泊まるときは下関グランドホテルに部屋をとります。海側の部屋から見える関門海峡の眺めが好きだからです。今回の部屋は620号室。ルームキーのアクセサリー外周はブルーでした。前回、919号室に泊まった時はピンクでした(2015年7月30日に写真を掲載し…

ヘルマナス名物クジラサブレー

アフタヌーンティーに添えられていたお茶うけです。ヘルマナス(Hermanus)のリゾートにて見た瞬間、クジラサブレーだ、と思いました。鎌倉のハトサブレーは、鶴岡八幡宮本殿掲額の「八」が鳩の抱き合わせ文字であることに因んでいます。一方、海辺のリゾー…

シボレー3100ピックアップトラック

大阪市港区の築港(天保山とかがあるエリアです)に、ゴージャスなコレクションを誇る自動車博物館、GLION(ジーライオン)ミュージアムはあります。ゲート代わりに置かれているのがエアストリーム(キャンピングトレーラー)。そのエアストリームをトーイン…

たこやき、玉出にて。

大阪で国道26号線を走っていたら会津屋がありました。元祖たこ焼きの店だそうです。ロゴがいいですね。1986年にネルソン・ピケとナイジェル・マンセルを乗せてF1を闘った、ウィリアムズ・FW11を思い出しました。コクピットまわりのイエローに描かれた、ICI(…

衝撃の4 ベッド ルーム

別府湾を背に、流川通りを別府ラクテンチに向かって進んだ右側に、別府 亀の井ホテルはありました。温泉地で有名な別府ですが、仕事途中の宿として利用したためチェックインは午後10時過ぎ。ひとりなのでシングルルームを予約していました。フロントで1103号…

New京急ポニー号

ちょっと前に滑川交差点から鶴岡八幡宮に向かう若宮大路(わかみやおおじ)を散歩していて、一の鳥居を過ぎた右手、由比ヶ浜二丁目にある湘南京急バスの鎌倉営業所車庫でこのバスを見かけました。フロントとサイドにレタリングされている『京急ポニー』とは…

ひばり毛糸店

尾道の商店街はとても魅力的です。尾道水道と山陽本線の間を東西に1km以上続いています。JR尾道駅のある方が西端で、そこから東にむかってたしか一番街、中商店街、本町センター街、中央街、尾道通りと続いていたような。商店街から南北に延びる枝道がまたい…

朝食における尊厳

尾道国際ホテルでいただいた朝食です。オレンジとたらこと海苔の佃煮とお新香が一枚の皿の四隅に盛られており、その向こうの揚げ物はイカメンチです。宿泊客の尊厳が守られている献立です。実際、美味しかったし。 最近最もインパクトのあった朝食には、大阪…

海が見えた。海が見える

広島県尾道市の『ONOMICHI U2(オノミチ ユーツー)』の中にある、『HOTEL CYCLE(ホテル サイクル)』のエントランスに名和晃平作品が。タイトルは『Molecular Cycle(モルキュラーサイクル)』で、尾道の坂道を登り、瀬戸内海の波にも乗るサイクリストをイ…

ハートの魔法

竹田津港(大分県国東市)でスオーナダフェリーを降りたら、のどかな景色を切り裂きこんなバスが! 控えめにいっても物凄い違和感です。このラッピング、豊後高田市の海岸線を走る風光明媚な国道213号沿いにロマンティックなスポットがたくさんある(地元調…

渡辺!

週末の博多の宿がなかなかとれず、初めてのホテルに。クルマをタワーパーキングに入れ、裏口からチェックイン。さて晩ご飯、と表通りに出たらいきなり彼女と目が合いました。圧を感じつつよく見れば、それは『渡辺通一丁目』バス停のビルボード。 渡辺つなが…

ツバメ

中国自動車道 本郷パーキングエリア(広島県安芸高田市美土里町)のトイレ扉にこんなメッセージが。トイレで糞をしたいツバメ vs.ツバメにトイレを使わせたくない管理者、ということでしょうか? まあ、鳥インフル問題もあるし、ちょっと糞はねえ、というの…

すのこ!

福山市(広島県)のファミマでトイレに入ったら、壁に小さなすのこが。親切だなあ。幸か不幸か自分はストッキング未着用なので、トイレでストッキングを履き替えるということが、よくあるのことなのかわかりません。しかしそのファミマ、割と郊外にあり、周…

ツインアーチ138

愛知県一宮市の木曽川沿いには国営木曽三川公園があって、そこは桜の名所です。それは見事な桜並木で来週の日曜日、4月9日までさくら祭りを開催中。全国に17しかない、国営公園(国土交通大臣が設置し国が維持管理を行う都市公園)のひとつだそうで、公園内…

カウンタックはクセがすごいんじゃ!

ランボルギーニ カウンタック(Lamborghini Countach)です。やっぱりいいなあ。カーデザインに予言があるとしたら、まさにこれです。予言者の名はマルチェロ・ガンディーニ(Marcello Gandini)。ドイツ、ヴォルフスブルク(Wolfsburg)にある、フォルクス…

敬意をこめてタコ

江ノ島(神奈川県藤沢市)を名乗る駅がいくつあるかご存知ですか? 江ノ電の江ノ島駅、小田急の片瀬江ノ島駅、そして湘南モノレールの湘南江の島駅と、三つあります。それぞれが適度に離れていて、こざかしい相互乗り入れなどとは一切無縁。まあ、キャラが違…

春はドラえもん

海岸でアンパンマンやドラえもんに会うようになると、春が来た気がします。冬の風吹く砂浜に描かれるのは、せいぜい相合い傘(いまでもビーチでは結構ポピュラーです)ぐらい。風おさまり日差し暖かく水温む頃になると、描く余裕が生まれるのか、いろんなキ…

「由比ヶ浜」ではなく「由比ヶはま」

江ノ電でいえば長谷駅と極楽寺駅の間、地名でいえば鎌倉市坂ノ下の星の井通りに『力餅屋』はあります。鎌倉権五郎(かまくらごんごろう)をまつった御霊神社(ごりょうじんじゃ)門前の老舗で、権五郎力餅が名物。伊勢の赤福餅にも似た、素朴な美味で人気で…

なごり雪

青森に着いてホテルにチェックインし、夕飯を食べに出たときは晴れていました。夕焼けがきれいでした。食事を終えホテルに戻ろうと店を出たら雪です。ホテルに戻るタクシーのドライバーに「だいたいここらは、GW前まではスタッドレス(タイヤ)ですね」と教…

安楽椅子

群馬県谷川温泉の旅館にあった籐椅子です。浴衣で座れば窓の向こうに谷川岳が。湯上がりにこれほどふさわしい椅子、ちょっと見当たりません。以前の畳や板の間で構成された家には大抵籐椅子があり、お年寄りが腰掛けていると実に絵になりました、冬には座布…

旅のトランジスタラジオ

ツーリング中、テント泊となった夜のみAMラジオを聴きます。テントを設営する場所はAM波しか入らない山間が多いから、自然そうなります。化繊特有のケミカルな香り漂うテントの中でひとり、遠いどこかで開催されているナイターを聴いたり、全く知らない中古…

移動こそ善である

1950年代に登場したシボレー コルベット(Chevrolet Corvette)のコックピットです。オープンエアモータリングを満喫できるアメリカンプレステージスポーツカーとして誕生。ボートのようでもあり、宇宙船のようでもあり、デザインに華というより夢があります…

1300ccの白バイ

右側に一本だけのマフラーとテールランプの形状からするとこの白バイ、HONDA CB1300Pですね。HONDA VFR800Pが排ガス規制強化で生産中止となったので、今や白バイといえばCB1300Pです。それにしてもVFRが搭載していたホンダのV4エンジンは名機でした。自分が…

とんでもねえ、

雨のパリ=シャルル・ド・ゴール空港(Aeroport de Paris-Charles-de-Gaulle)を離陸してすぐに眠りこみ、目が覚めたらアルプス上空でした。ニース(Nice)に向かう機上です。 ぼーっとしたまま、夕日を浴びた峰々を眺めていたら、これはもうかなり神の視点…

ロブスターロールの憂鬱

米東海岸、ボストン(Boston,Commonwealth of Massachusetts)の名物にロブスターロール(lobster rolls)があります。ロブスターの切り身を、バンズ(buns)に挟んだ、というよりむしろ山のように盛ったローカルフード。店によってレシピは違い、シンプルに…

秋田にてケトルに目礼

秋田県の温泉宿でゆったりとした一夜を過ごし、朝は露天風呂で御来光。午前七時には早くも朝ご飯を食べ終えさて、もうひとっ風呂。ああもう一晩泊まりたいものだなぁと後ろ髪引かれつつ、出発の時間。部屋を出る際、忘れ物がないか見渡していて、電気ケトル…

うなとり弁当的オキナワLOVE

南国らしい青い海や美しい空、沖縄の魅力は尽きません。自分はうなとり弁当にも強く心惹かれます。沖縄的に盛りのいいお弁当が、四百円とか五百円の値札をつけずらりと並んだ様は壮観です。 たしか百円そばというのもあって、店で出汁を入れてラップして持ち…

「おお!」から「ほぅ」へ

都心をクルマで走っているとトヨタ MIRAI(ミライ)やホンダ CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)といった燃料電池車とすれ違うことがあります。霞が関周辺や、青山通りでよく会いますね。昨年のリリース直後は「おお!」と思いましたが、今は「…

セビルの思い出

旅の伴侶としてもキャデラック セビル(Cadillac Seville)は素晴らしいクルマでした。東京を早朝出発し、午後浅い時間に明石海峡大橋へ。ウェスティンホテル淡路に着いてクルマを降りても、なんら疲れていません。自分と相性が良かった、つまり好みだった、…

開眼、至福の朝ご飯

部屋や温泉は太平洋、玄関は国道に面した、北海道のある民宿の朝ご飯。ビニール製テーブルクロス張りの座卓に、無造作に置かれた皿の上、北海道の至福が盛られていました。どれも見た目以上に美味で、泣かされます。アルミホイールに入ったのは小ぶりの原木…

このわたし

鎌倉を散歩中、材木座の光明寺へ。すると本堂の柱にお言葉が。最初、このたわし、と読み、何かを磨き上げる決意? と誤解。深く恥じ入りまして、返句したいと思います。 梅が咲き参拝するのはこのわたし

波打ち際映画祭

鎌倉の材木座海岸を散歩していたら、二羽の海鳥が波打ち際で肩寄せ合っていました。波打ち際では様々なドラマが生まれます。波打ち際三大映画が『地上より永遠に』(1953 米 From Here to Eternity)、『いそしぎ』(1965 米 The Sandpiper)、『プライベー…

横浜駅 22時24分

東急東横線から乗り換え、横浜駅で下りの横須賀線を待っていたら、東海道線下りホームにサンライズ瀬戸・出雲がやってきました。寝台電車ですね。思わずiPhoneで、流し撮り! カメラモードにするのに手間取っていたら電車が動き始め、条件反射的に右手が車速…

進撃の富士山

鎌倉で国道134号線に出て江ノ島方面に向かっていたら、稲村ヶ崎を越えたところで富士山とばったり出会いました。冬晴れの朝の富士山は巨大です。印象としてはズイっとこちらに歩み寄り、ドカっとあぐらをかいている感じ。具体的には箱根より手前、国府津あた…

デブと荒野

米国取材に出かけると自分は太ります。決定的にクルマでの移動時間が長くなり、車中で長時間過ごすストレスで胃は活性化。取材中は外食ばかりで、ハイウエイ沿いのダイナーのメニューにも問題多数。運動といえば、ステアリングを回すか、ウインカーレバーを…

見ながらいただく鴨料理

モントルー・ジャズ・フェスティバル(Montreux Jazz Festival)で有名な、スイス、レマン湖(Lac Léman)畔のモントルーで、良質な鴨料理で名を馳せているオーベルジュの取材へ。最初のテーブルは、池のある庭にあり、食前酒を飲みながらそこらを徘徊する鴨…

おお、グロリア!

自分は出先で古いバイクやクルマを見かけると、大層得をした気分になります。写真は、プリンス グロリア(Prince Gloria)。これが綺麗で、さりとてレストアされた風でもありません。まるで映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でドクが乗っていた、デロ…

「女の一生よ。」

ヘルシンキ(Helsinki)は南端とはいえ、そこは北欧フィンランド(Finland)。1月は日照時間も短く、歩道すら凍てつきます。ヘルシンキ中央駅近くのショッピングモール、フォーラム(FORUM)にあるムーミンショップを訪ね、埼玉県飯能市にムーミンランドMets…

ようこそ《こけし》

イサム・ノグチの《こけし》です。神奈川県立近代美術館 葉山に昨年やってきました。1951年生まれで、52年に神奈川県立近代美術館 鎌倉で開催された個展で発表され、その後同館の中庭に常設展示されていたものです。2015年に神奈川県立近代美術館 鎌倉が閉館…

空港駐車場にて

旅が終わり、いよいよ空港でレンタカーを返却。返却ブースを目指し、空港駐車場の中を走ると、帰国前でやや感傷的になっているからか、停めてあるクルマ、一台一台の佇まいが目に沁みます。写真はサンフランシスコ国際空港(San Francisco International Air…

とうとう自立を切り出され

米ラスベガスで1月5日に開幕したコンシューマ・エレクトロニクス分野における世界最大の見本市、CES2017においてHONDAは、ライダーがいなくても自立する2輪実験車、Honda Riding Assistを世界初公開しました。ASIMOに代表されるヒューマノイドロボット研究で…

だるまさんまわった

新年ですね。お正月といえばだるまさんですね。写真は昨年(2016年)夏に練馬区立美術館で催された「しりあがり寿の現代美術 回・転・展」の《回転体は行進するダルマの夢を視る》ブースです。訪ねた日は猛暑でしたが、館内は空調が良く効いていました。平日…

八十と書いてハトと読む

鎌倉を歩いていたら、鳩サブレーで有名な豊島屋のカフェ(甘味処?)豊島屋菓寮 八十小路(としまやかりょう はとこうじ)の入口に、この絵が貼ってありました。なんだか妙に身につまされるタッチです。 そういえば今年の干支は丁酉(ひのととり)ですね。謹賀…

天日干し天然もの

大晦日を迎えるにあたり自分が今年もっとも感銘を受けた景色をアップすることにしました。バイク好きにはたまらんフェンスです。特にディスプレイしている訳ではなく、忘れないよう掛けて置いている風の、天然もの物件ですね。偶然通りかかった、昭和な商店…

白い恋人たち

シラス好きだったら、ぜひオススメしたいのが静岡県静岡市の用宗港にある『清水漁業協同組合用宗支所 直売所&どんぶりハウス』のシラス丼。プレハブの調理場で500円を払って発泡スチロール製の丼を受け取り、テント屋根の下に置かれたテーブルで、シラス漁…

旅路

海沿いの町を散歩中、路地をのぞいたら「旅路」のサインがありました。Coca-Colaのペイントのくたびれ具合が絶品です。オフセットされた二文字の置き方も時代を帯びており、これは銘品ですね。でもまだ修行不足の自分には、そのドアを開ける勇気がありません…

YAMAHA RZ250

ああああこれはマズい!と、エンジンが吹け上がらなくなったバイクを本車線から路肩に寄せました。やがてアクセルグリップのひねりに反応は無くなり、シャラシャラとドライブチェーンは空回り。そして、バイクは止まりました。なぜマズいかといえば、指先で…

ないものねだり

軍事施設?、宇宙センター?? アラブ首長国連邦(الإمارات العربية المتحدة)を構成する首長国のひとつ、ドバイ(دبي)のショッピングモールです。実はこれ、スキードバイ(Ski Dubai)という名の室内スキー場。夏には気温が50℃ともなる地に、400mに及ぶゲ…

ランプマン

散発的な雷雨、時折の土砂降りとともに、大地に新しい生命が息吹くグリーンシーズンがやって来ました。と、南アフリカのリゾート、シンギータ(Singita)から便りが届きました。そうか南半球か、夏なのか、と夏好きとしてはうらやましい! 写真はサビ・サン…

景色もプリクラ

iPhone5の時はコンデジを持ち歩いていたのですが、iPhone7にしてからは自然、カメラを持ち歩かなくなりました。記録用ならほぼ事足りるようになったからです。難点はシャッター音が騒々しいこと。そして、きれいに撮れすぎてしまうこと。 撮った直後は「ちょ…