あ ば ろ ん

瀧昌史どんぶらこっこすっこっこ旅日記

「おお!」から「ほぅ」へ

都心をクルマで走っているとトヨタ MIRAI(ミライ)やホンダ CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)といった燃料電池車とすれ違うことがあります。霞が関周辺や、青山通りでよく会いますね。昨年のリリース直後は「おお!」と思いましたが、今は「…

セビルの思い出

旅の伴侶としてもキャデラック セビル(Cadillac Seville)は素晴らしいクルマでした。東京を早朝出発し、午後浅い時間に明石海峡大橋へ。ウェスティンホテル淡路に着いてクルマを降りても、なんら疲れていません。自分と相性が良かった、つまり好みだった、…

開眼、至福の朝ご飯

部屋や温泉は太平洋、玄関は国道に面した、北海道のある民宿の朝ご飯。ビニール製テーブルクロス張りの座卓に、無造作に置かれた皿の上、北海道の至福が盛られていました。どれも見た目以上に美味で、泣かされます。アルミホイールに入ったのは小ぶりの原木…

このわたし

鎌倉を散歩中、材木座の光明寺へ。すると本堂の柱にお言葉が。最初、このたわし、と読み、何かを磨き上げる決意? と誤解。深く恥じ入りまして、返句したいと思います。 梅が咲き参拝するのはこのわたし

波打ち際映画祭

鎌倉の材木座海岸を散歩していたら、二羽の海鳥が波打ち際で肩寄せ合っていました。波打ち際では様々なドラマが生まれます。波打ち際三大映画が『地上より永遠に』(1953 米 From Here to Eternity)、『いそしぎ』(1965 米 The Sandpiper)、『プライベー…

横浜駅 22時24分

東急東横線から乗り換え、横浜駅で下りの横須賀線を待っていたら、東海道線下りホームにサンライズ瀬戸・出雲がやってきました。寝台電車ですね。思わずiPhoneで、流し撮り! カメラモードにするのに手間取っていたら電車が動き始め、条件反射的に右手が車速…

進撃の富士山

鎌倉で国道134号線に出て江ノ島方面に向かっていたら、稲村ヶ崎を越えたところで富士山とばったり出会いました。冬晴れの朝の富士山は巨大です。印象としてはズイっとこちらに歩み寄り、ドカっとあぐらをかいている感じ。具体的には箱根より手前、国府津あた…

デブと荒野

米国取材に出かけると自分は太ります。決定的にクルマでの移動時間が長くなり、車中で長時間過ごすストレスで胃は活性化。取材中は外食ばかりで、ハイウエイ沿いのダイナーのメニューにも問題多数。運動といえば、ステアリングを回すか、ウインカーレバーを…

見ながらいただく鴨料理

モントルー・ジャズ・フェスティバル(Montreux Jazz Festival)で有名な、スイス、レマン湖(Lac Léman)畔のモントルーで、良質な鴨料理で名を馳せているオーベルジュの取材へ。最初のテーブルは、池のある庭にあり、食前酒を飲みながらそこらを徘徊する鴨…

おお、グロリア!

自分は出先で古いバイクやクルマを見かけると、大層得をした気分になります。写真は、プリンス グロリア(Prince Gloria)。これが綺麗で、さりとてレストアされた風でもありません。まるで映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でドクが乗っていた、デロ…

「女の一生よ。」

ヘルシンキ(Helsinki)は南端とはいえ、そこは北欧フィンランド(Finland)。1月は日照時間も短く、歩道すら凍てつきます。ヘルシンキ中央駅近くのショッピングモール、フォーラム(FORUM)にあるムーミンショップを訪ね、埼玉県飯能市にムーミンランドMets…

ようこそ《こけし》

イサム・ノグチの《こけし》です。神奈川県立近代美術館 葉山に昨年やってきました。1951年生まれで、52年に神奈川県立近代美術館 鎌倉で開催された個展で発表され、その後同館の中庭に常設展示されていたものです。2015年に神奈川県立近代美術館 鎌倉が閉館…

空港駐車場にて

旅が終わり、いよいよ空港でレンタカーを返却。返却ブースを目指し、空港駐車場の中を走ると、帰国前でやや感傷的になっているからか、停めてあるクルマ、一台一台の佇まいが目に沁みます。写真はサンフランシスコ国際空港(San Francisco International Air…

とうとう自立を切り出され

米ラスベガスで1月5日に開幕したコンシューマ・エレクトロニクス分野における世界最大の見本市、CES2017においてHONDAは、ライダーがいなくても自立する2輪実験車、Honda Riding Assistを世界初公開しました。ASIMOに代表されるヒューマノイドロボット研究で…

だるまさんまわった

新年ですね。お正月といえばだるまさんですね。写真は昨年(2016年)夏に練馬区立美術館で催された「しりあがり寿の現代美術 回・転・展」の《回転体は行進するダルマの夢を視る》ブースです。訪ねた日は猛暑でしたが、館内は空調が良く効いていました。平日…

八十と書いてハトと読む

鎌倉を歩いていたら、鳩サブレーで有名な豊島屋のカフェ(甘味処?)豊島屋菓寮 八十小路(としまやかりょう はとこうじ)の入口に、この絵が貼ってありました。なんだか妙に身につまされるタッチです。 そういえば今年の干支は丁酉(ひのととり)ですね。謹賀…

天日干し天然もの

大晦日を迎えるにあたり自分が今年もっとも感銘を受けた景色をアップすることにしました。バイク好きにはたまらんフェンスです。特にディスプレイしている訳ではなく、忘れないよう掛けて置いている風の、天然もの物件ですね。偶然通りかかった、昭和な商店…

白い恋人たち

シラス好きだったら、ぜひオススメしたいのが静岡県静岡市の用宗港にある『清水漁業協同組合用宗支所 直売所&どんぶりハウス』のシラス丼。プレハブの調理場で500円を払って発泡スチロール製の丼を受け取り、テント屋根の下に置かれたテーブルで、シラス漁…

旅路

海沿いの町を散歩中、路地をのぞいたら「旅路」のサインがありました。Coca-Colaのペイントのくたびれ具合が絶品です。オフセットされた二文字の置き方も時代を帯びており、これは銘品ですね。でもまだ修行不足の自分には、そのドアを開ける勇気がありません…

YAMAHA RZ250

ああああこれはマズい!と、エンジンが吹け上がらなくなったバイクを本車線から路肩に寄せました。やがてアクセルグリップのひねりに反応は無くなり、シャラシャラとドライブチェーンは空回り。そして、バイクは止まりました。なぜマズいかといえば、指先で…

ないものねだり

軍事施設?、宇宙センター?? アラブ首長国連邦(الإمارات العربية المتحدة)を構成する首長国のひとつ、ドバイ(دبي)のショッピングモールです。実はこれ、スキードバイ(Ski Dubai)という名の室内スキー場。夏には気温が50℃ともなる地に、400mに及ぶゲ…

ランプマン

散発的な雷雨、時折の土砂降りとともに、大地に新しい生命が息吹くグリーンシーズンがやって来ました。と、南アフリカのリゾート、シンギータ(Singita)から便りが届きました。そうか南半球か、夏なのか、と夏好きとしてはうらやましい! 写真はサビ・サン…

景色もプリクラ

iPhone5の時はコンデジを持ち歩いていたのですが、iPhone7にしてからは自然、カメラを持ち歩かなくなりました。記録用ならほぼ事足りるようになったからです。難点はシャッター音が騒々しいこと。そして、きれいに撮れすぎてしまうこと。 撮った直後は「ちょ…

ユタ州の髑髏酒

米、ユタ州のマウント カーメル ジャンクション(Mt.Carmel Junction, Utah, U.S.A)という州道の分岐点に、『レストラン ゴールデンヒルズ』(Restaurant GOLDEN HILLS)はあります。隣はモーテル、道を挟んだこちら側にはギフトショップがありました。その…

Bar, Bar, Bar, Bar, & Bar.

宵に冬の香漂う頃になると、月刊誌の特集取材でバー巡りをしたことを思い出します。自分は地方都市担当で、1日5軒を目安にまわりました。ひとつの街に三日かけ、目星をつけておいた15軒程をまわり、セレクトした5軒を紹介します。初めての店でひとりカウンタ…

自分好みの本音飯

ディナーが建前ご飯(たてまえごはん)だとしたら、朝食は本音ご飯(ほんねごはん)と言えるのではないでしょうか? それは我が家ばかりの話ではなく、旅先でもごく自然にそうなっている気が。それゆえ、朝食がいつも楽しみです。ホテルのビュッフェや、モー…

続 笑う警察

おや、増えています! この前、10月26日の「笑う警察」で、鎌倉警察署の植え込みがハッピーに刈り込まれていることを紹介しましたが、気がつけば笑顔のカップルになっていました。 手前右にはベイビー誕生の予兆すら……。スペース的には大家族化もアリですね

雪はうっすらが一番。

朝から雪が降っています。鎌倉で用事を終えてふと見上げたら、裏山も雪化粧。さすがに今日は行き交う人もクルマも少ないようです。その雪化粧を見ていて、北海道 朝里川温泉の小樽旅亭 藏群(くらむれ)を初冬に訪ねた際、初雪に見舞われた時のことを思い出…

「午後の曳航」

セドナ(Sedona AZ USA)を昼過ぎに出てすぐにクルマの後部座席で眠ってしまい、目を覚ましたら道が広くなっていました。インターステイトハイウエイ(I-40; Interstate Highway 40)に出たようです。今日はこのまま西へ向かい、I-40の終点であるバーストゥ…

京都!にあらず

烏丸三条から河原町三条に向かって歩いていて、堺町通にあたる手前、右手にこの店がありました。建物と暖簾、そこに印されたロゴがいかにも京都だ、とシャッターを押したのですが、東京 南青山で創業したアパレルとのこと。フォーティファイブアールと読むそ…

フェンダー!ミラー

群馬県のさる宿泊施設の駐車場で見かけた、見事なフェンダーミラー仕様です。マークXが、蝸牛のコスプレしてるかのよう。ドアミラーがたたまれているのも微笑ましい。以前はドアミラーを付け、フェンダーミラーを外すと整備不良で違反切符を切られたもので…

昼湯に昼酒

温泉が心地よい季節となってきました。ツーリング中の宵、寒風に冷えた身を温泉で〝解凍〟、するのはライダーの至福です。以前九州をツーリング中、昼過ぎに入った立ち寄り湯があまりに気持ち良く、聞けば空き室もあるとのことで、そのまま泊まってしまった…

犬の微笑み

ツーリング先で思いのほか気温が上がり昼食後、猛烈に眠くなりました。これは危ない、と道を外れバイクを降り、ジャケットを脱ぎブーツから足を抜いて、ごろんと横に。ジリジリと日に焼けるのを感じながらウトウトしはじめたら、何かが傍らに来る気配。寝返…

カフカのオートバイ

12年振りに公開となったシリーズ三作目の『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』(BRIDGET JONES'S BABY 2016 米・英)。前回のブログでも触れましたが、その第一作『ブリジット・ジョーンズの日記』(Bridget Jones's Diary 2001 米・英)…

トランプ! Donald John Trump!

12年振りの新作となった映画『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』(BRIDGET JONES'S BABY 2016 米)が日本でも10月末から公開に。恋に仕事に奮闘するブリジット(レニー ゼルウィガー Renée Zellweger)の恋人マーク役を演じるのは、過去…

カネゴンちゃんぽん

漁解禁となり蟹の季節到来です。以前、宮津(京都府)の蟹料理で有名な旅館を取材した際、そこで出す松葉蟹は、甲羅の中に海水がまわらないよう、水揚げから客膳に置くまで一度たりとも蟹をひっくり返さないようにしている、と板長が教えてくれました。なの…

Miami→マイアミ→舞網

伊豆に向かう際、終点の石橋ICで西湘BPを出て国道135号線に合流した先に、『磯料理 舞網』はありました。蒲鉾の鈴廣 石橋店手前です。今はダイビングショップになったようですが、舞網(まいあみ)というネーミングが好きでした。漁網が魚影濃い海に沈む直前…

My first emoji

いまや赤い丸型ポストよりも稀少となった郵便太郎です。いや、郵便太郎というのは自分が思い込んでいた名前で、一般的には顔郵便マークというそうです。1968年7月に郵便番号が導入された際のマスコットですね。 先日、携帯電話の絵文字(emoji)がMoMA(NY近…

誰か来る!

ホテルや旅館の取材は、チェックアウトとチェックインの間が勝負。アウトが12時、インが15時の旅館だったりすると大変です。係の方が清掃とセッティングを終えたところから、現着した鑑識官ばりに写真を撮っていきます。それでも、ちょっと雲に隠れた日の光…

笑う警察

三年前に若宮大路沿いの由比ヶ浜二丁目に引っ越した鎌倉警察署。散歩途中、植え込みに笑いかけられました。 鳩もいますね。もしや、鳩三郎でしょうか?

魅惑のベッドルーム

コンテンポラリーアートと家具を扱う、LIMN(リン)というショップの一角に設えられていたベッドルームです。壁にあるのはアレックス ドニス(ALEX DONIS)のペイント『WAR』。これとザハ ハディット(Zaha Hadid)デザインの『GLACIER(氷河」)』というベ…

小田原戦国武将茶漬け丼

この見事な枝ぶりは小田原城址公園本丸の巨松(おおまつ)です。樹高約30mのクロマツで、樹齢は推定400年以上。見上げると、線香花火のように松葉を優雅に広げていました。近くには本丸茶屋という御食事処があり『小田原戦国武将茶漬け丼』という名物が。丼…

ディスコ ヴォランテ!

空飛ぶ円盤仕立てのテールを持つこのクルマは何でしょう? ヒント01「ドイツ車」、ヒント02「撮影したのは2000年12月」。イタリア語で『空飛ぶ円盤』の意の〝ディスコ ヴォランテ(Disco Volante)〟は、1952年のクーペC52登場でアルファロメオ(Alfa Romeo…

一戸-九戸、とは?

制限速度80km/h厳守でも、この電光掲示が放つメッセージは読み取れませんでした。午前3時前に川口JCT(junction:ジャンクション)から東北自動車道に入り、590km。安代(あしろ)JCT(岩手県八幡平市)から八戸自動車道に入ってところです。一戸ICから九戸I…

リゾッチャの頃

この海辺の団地風建築は神奈川県営長井みなとハイツではなく、改装前のヒルトン ハワイアン ビレッジ ワイキキ ビーチ リゾート(Hilton Hawaiian Village Waikiki Beach Resort)のレインボー・タワー(Rainbow Tower)。竣工は1968年。今から5年前に大がか…

砂の浮いた道路は

松田聖子の『渚のバルコニー』がリリースされたのは、1982年4月のこと。松本隆による♪砂の浮いた道路は 夏に続いてる〽 というフレーズに衝撃を受けました。オートバイを深く愛していたので路面状況には敏感で、道に浮いた砂には気が滅入っていたのに、それ…

瓶たちは清く正しく美しく

なにしろ輸入に頼っているので、フィンランドの食卓において野菜は貴重です。ヘルシンキからはるか彼方のスノーリゾートでもそうでした。ここに来る途中、立ち寄った中華料理屋で「今日はとてもフレッシュな野菜が入ったので、さっと炒めましょうか?」と提…

中世にほんの1時間ほど

散歩中ふと思いつき、北鎌倉の円覚寺へ。円覚寺での過ごし方は、もうだいたい決まっていて、この山門をくぐり、仏殿にて宝冠釈迦如来(ほうかんしゃかにょらい)と天井の白龍図を納得するまで眺めます。納得したら方丈(ほうじょう)を訪ね、庭を回り込んだ…

運転中、眠くなったら

運転していて眠くなったらどうしますか? 自分は一人だったら、まず腰を浮かせながら大声を出してみます。はっ! とか、あっ! とか。それで駄目なら、歌います。思いついたフレーズでシャウト! ヘッドバンキングも辞しません。太腿を拳で連打したり。それ…

5分の旅情

海峡を行き来する関門連絡船に乗りました。北九州 門司港を出て、下関唐戸1号桟橋に向かいます。所要時間は5分。時に驚くべき速さになる潮を乗り越え、船を避け突っ切るから、エンジンは相当馬力を出しているよう。桟橋を離れて本気になったら終始ドリフトし…