あ ば ろ ん

瀧昌史どんぶらこっこすっこっこ旅日記

KAWASAKI 350 アベンジャー

この3月より発売となったKAWASAKI Z900RS CAFE。ボディカラーはヴィンテージライムグリーンと、パールストームグレーのふたつが用意されています。ライムグリーンはカワサキの伝統色でもあり判り易いのですが、問題はパールストームグレー。どんなメディアで…

テレフォン人生相談

駅のホームで電車を待っている時とか、radikoをエリアフリーにして、馴染みの無いラジオ局の番組を聴いたりします。先日はラジオ大阪 OBCのテレフォン人生相談に聞き入りました。パーソナリティの加藤諦三さんは、女性のシリアスな相談にこたえた後、番組を…

小樽築港機関区構内回送・点検 (C62 2,3号)

午前八時過ぎの函館本線 小樽築港駅ホームです。案内表示にあまり目にしない地名が並んでいると、自分の血中旅情濃度はグンと高まります。8:18発 普通 岩見沢ゆきとか、乗ってみたいなあ。 その日は電車で小樽駅まで出ました。小樽築港駅といい、小樽駅とい…

本音が朝食

食事に〝本音と建前〟があるとしたら夕食が「建前」、朝食は「本音」だと思います。旅館の朝食に出てくる鰺の干物や生玉子には本音感がありますね。 写真はフィンランド(Finland)、ロシア国境まで約20kmのスノーリゾート、クーサモ(Kuusamo)のホテルの朝食テ…

カマロ コンバーチブル 2018

カマロ コンバーチブル(Chevrolet Camaro Convertible)を試乗後、クルマのまわりをぐるりと回った瞬間、小学生の頃へフラッシュバック!! アメリカ車の大きなプラモデル、1/12とか1/8ビッグスケールに恋い焦がれ、その外箱を羨望の眼差しで眺め尽くしたこ…

空が落ちてくる!

いまから47年前、1971年の2月にリリースされたキャロル キングのアルバム、Tapestry(邦題:つづれおり)のA面1曲目に針を載せると〝I Feel The Earth Move 〟(邦題:空が落ちてくる)がかかります。最近はGLIM SPANKY(グリムスパンキー)の松尾レミさんが…

青森ナイス

自分は雪道をひとりでドライブしているとき、たいてい映画『ファーゴ』(1996 米 Fargo)を思い出し、しんみりします。TVドラマ版のファーゴも好きで、シーズン1、シーズン2ともにDVDで観ました。シーズン3が楽しみです。 そのシーズン1のリリースに『アメ…

オフビート カーキ メタリック

いつもの散歩コース、光明寺(神奈川県鎌倉市)の門前から材木座海岸に出たら、左手に天日干しのワカメが広がっていました。春だなぁ。その手前にはオフビートカーキメタリックのハイゼットトラックが。そのボディカラーは、まるきりワカメの保護色です。風…

ハンティントンビーチの日は落ちて

なぜ日が沈む瞬間に人は口をつむぎ、犬は吠えるのをやめ、鳥は羽を休めるのでしょう? 沈む日は、何を連れ去るのでしょう。 米ロサンゼルス郊外のハンティントンビーチ(Huntington Beach)でもその瞬間、喧噪がぴたりと止みました

『ちゃんぽん(しらす)ライス』

お昼時、日田(ひた)駅前の寶屋(たからや)本店で、日替わりランチ『ちゃんぽん(しらす)ライス』を注文。しらすごはんとちゃんぽんだな、と勝手に思い込んでいたので、やって来た盛り付けを見て、ちょっと動揺しました。そうか、しらすはちゃんぽんのト…

ドライブスルーの思い出

アメリカ滞在中、時間に追われつつ空腹を感じたら迷わずハンバーガーショップのドライブスルーを訪ねます。お昼時は混みますがそれ以上早い方法が思いつかないので、諦めて並びます。1980年代のこと。フロリダに取材に行き、モーテルと取材先のデイトナ イン…

伊勢湾フェリーの航海、後悔

鳥羽港(三重県鳥羽市)と伊良湖港(愛知県田原市)を55分で結ぶ伊勢湾フェリー。8年ほど前に運航廃止寸前になりましが、新体制となり、現在も元気に運航しています。 その鳥羽ターミナルで見かけた限定販売のオリジナル商品。ミルクキャラメル乗船済みで、…

クルマは塩味

東大寺(奈良県奈良市)裏手の奈良奥山ドライブウェイをドライブ。若草山山頂にクルマをとめ、山頂まで歩き大和平野(奈良盆地)を眺めクルマに戻ったら、鹿がクルマを舐めていました。???……! ここへと至る途中、名神高速の関ヶ原付近が結構な雪で、融雪…

富士山口

東海道新幹線 新富士駅の北口は「富士山口」で、出口からは富士山南麓が一望できます。なかなかの眺望です。その富士山口を出て左折。すぐにぶつかる富士見大通りを右折して、東名高速 富士IC方面に向かうと道はやがて東海道線を跨ぐ陸橋に。その跨線橋の下…

行けども行けども雪また雪

珍しいことに神奈川県内も雪まみれ。さきほど逗子海岸まで歩いたら、砂浜は雪で覆われ湾内には〝けあらし〟が。まるで巨大露天風呂のようです。自分は雪で2回ほど我を見失いかけたことがあります。最初は20代の始めに、鈴鹿から大阪に向け名阪国道をオートバ…

ミイラのようなマリブツー

夕日の頃、逗子湾をカヤックが横切っています。自分もかつてカヤックを持っていました。マリブオーシャンカヤック(Malibu Ocean Kayak)社製のマリブツー(Malibu Two)というポリエチレン艇で、発売直後のそれをカリフォルニアのニューポートビーチ(Newpo…

腰掛け列車を待ちながら

国鉄時代に駅のベンチがプラスチック化。と同時に、ひと席ずつが独立したバケットタイプになりました。常にホームに人が絶えない都心部でこそ機能的なユニバーサルデザインですが、郊外の駅だとちょっと……。お一人様感が強調され、なんだかとても寂しくなり…

フレディ(スペンサー)もびっくり!

逗子駅(神奈川県逗子市)の東口、海側の改札を出て右手に進み道を渡った先、スターバックスコーヒーの上に『舶来屋』というセレクトショップがあります。その入口に、このマシンはあります。HONDA NS500の、驚くべサイドカー仕様! F・スペンサーは③とか⑩と…

清々しい力餅屋

名越えの切り通し下のトンネル(県道でいえば311号線)をくぐって逗子から歩いて(神奈川県)鎌倉に入り、長勝寺脇から来迎寺、五所神社とまわり、光明寺へ。除夜の鐘に集まった人たちのために炊いたのだろう松明の燃え跡散らばる参道を歩き、お参りした後に…

鯉 vs. カモメ

小田原城のお堀にはたくさんの鯉と、比較的凶暴なカモメが、鴨のふりををして浮かんでいます。仲はあまり好いとはいえません。小田原城は海が近く、最も相模灘至近の角、三の丸小学校前交差点から海へはわずか350m、徒歩5分です。 鯉にエサを投げたら、カモ…

イタリアに向かう途中、スイスのどこか

長い長いドライブをやっと終えた深夜、日付けが変わってから宿につき、ルームキーを受け取り部屋へ。荷も解かずに、ちょっと横になったベッドでそのまま熟睡。翌朝、窓のカーテンを開け、驚きました。スイスからイタリアに向かう途中のどこかです。 そこには…

電車が「黄泉行き」だったとは……

夕方乗った江ノ電が「黄泉行き」でした。江ノ電によると、現世と黄泉国の間に鎌倉駅があるそうです。見えない線路が鎌倉駅の先に伸びている感じでしょうか。自分的には前々から、極楽寺駅の前後あたりが怪しいと。現世と黄泉国を繋ぐポイントは、あのあたり…

ブルーノ タウト&はろうきてぃだるま弁当

高崎駅の売店に、はろうきてぃだるま弁当がありました。だるまといえば、高崎市郊外の少林山達磨寺。毎年1月6、7日に開催されるだるま市は有名です。そのだるまをモチーフとして人気となっただるま弁当のスピンオフが、はろうきてぃだるま弁当です。 少林山…

ここはひとつ『不動モータース』に

石川県内を走っていて「えっ!」と思い、クルマを路肩に。歩いて戻ったらやはり看板には『不動モータース』とあります。不動さんという方が興した自動車整備工場、なのでしょうか。 狩場から16号バイパスを東名高速 横浜町田ICに向かう途中、左手に『切詰自…

おおRZ!バランバンバンバッ

クルマを運転していて視界の左隅の何かに、強く呼び止められました。え? と思ってよくよくみればRZ250じゃないか! 37年前の8月5日に新車で買った、思い出のオートバイです。クルマを駐めて見に行けば、ショーウインドウに入っていたそのマシンのサイドカバ…

メリークリスマス!ガタンゴトン

昔の寝台特急は、客車を牽引する機関車がヘッドマークを掲げていて「富士」とか「出雲」とか「はやぶさ」とか、じつにカッコ良かった。写真は信越本線横川駅の先にある、碓氷峠鉄道文化むら。そのなかで動態保存されている碓氷峠専用電気機関車 EF63です。ヘ…

こんにゃくフライ

まだまだ知らないことがあるものだなあ、と改めて思い知らされました。静岡市清水区を流れる興津川の上流にある、清水森林公園やすらぎの森のなかの売店で見つけました。こんにゃくのフライです。8ヶ 200円です。なんの但し書きもなく、地元の農産物やお菓子…

Chevrolet Camaro Desert Runner

国道134号線を三浦半島の先の方、地名で言えば三崎方面へ向かっていたとき、葉山の長者ヶ崎を過ぎ、佐島入口を過ぎた先、大楠山入口交差点でこのクルマを見かけました。Chevroletカマロ ベースのワンオフモデル『デザート ランナー』だそうです。ベースとな…

総論イマイチ

本日をもって、ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」が終わります。今回の出展作品ベスト3は、横浜美術館にあった『僕らは鼻歌で待機する』風間サチコ、同じく『まるで胸に穴が開いたような、僕の知っている街、東京の夕暮れ』ミスター(写真…

Cadillac Fleetwood Brougham!

1982年モデルのキャデラック フリートウッド ブロアム(Cadillac Fleetwood Brougham)にあったボンネット マスコットです。現行モデルにはない月桂樹飾りと、クラウン的な7ポイントまでトップに配した、堂々たるもの。 モデル名にあるフリートウッドは、190…