読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あ ば ろ ん

瀧昌史どんぶらこっこすっこっこ旅日記

パリ - ダカール - リオ・デ・ジャネイロ便

パリ=シャルル・ド・ゴール空港(Aéroport de Paris-Charles-de-Gaulle)からパリ市内に向かうタクシーに乗ると、左手にフランスとイギリスが共同開発し、2003年に全機が退役した超音速旅客機コンコルド(Concorde)が一瞬見えます。
 コンコルドとジャンボ(Boeing 747)はともに1969年に初飛行し、'70年代に就航。当時小学生だった自分にとってこの2機は陸の新幹線に続く、空の二大アイコンでした。速さのコンコルド(なにしろ超特急を超える超音速!)、大きさのジャンボ。それが今やコンコルドはオブジェとなり、長寿だったジャンボも旅客便としては日本の空から消えてしまいました。世界の空港は、この二機で埋め尽くされるだろうとされていた未来は、やってこなかった。でも、乗りたかったなぁ、コンコルドエールフランスのパリ-ダカール-リオ・デ・ジャネイロ便に、搭乗してみたかったなぁ

f:id:takimasashi:20150810112226j:plain