読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あ ば ろ ん

瀧昌史どんぶらこっこすっこっこ旅日記

サイド バイ サイド

日本製品なのに日本で見かけないもののひとつに、サイド バイ サイド ビークル(Side by Side Vehicle、略:SSV)があります。写真はアメリカのさるリゾートのエントランスで、左のオレンジにはクボタ、右のモスグリーンにはカワサキのエンブレムがありました。Kubotaではユーティリティビークル(Utility Vehicle)と、KawasakiではSIDE X SIDE(サイド バイ サイド)と表記しています。
 軽トラとゴルフカートの中間ぐらいのポジションで、いろんなものをトーイン。リゾートの敷地内を散歩していると、横を通過しながら「乗っていきますか?」と聞いてくれます。タフで小回りが効き、フレキシブルなのですが、軽トラ大国たる日本ではまだ見かけません。アメリカ独立記念日前後に毎年開催されるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(Pikes Peak International Hillclimb)にも、今やSSV部門があります。アメリカ人はこういうものを使ったり、遊んだりが本当にうまい。コンテンポラリーな荷役馬的気配も濃厚です

f:id:takimasashi:20151017124256j:plain