読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あ ば ろ ん

瀧昌史どんぶらこっこすっこっこ旅日記

フェンダー!ミラー

群馬県のさる宿泊施設の駐車場で見かけた、見事なフェンダーミラー仕様です。マークXが、蝸牛のコスプレしてるかのよう。ドアミラーがたたまれているのも微笑ましい。以前はドアミラーを付け、フェンダーミラーを外すと整備不良で違反切符を切られたものですが、いまやパトカーだってドアミラーです。唯一残っているのはタクシーですね。かつてタクシードライバーに「やっぱりフェンダーミラーが運転しやすいですか?」と聞いてみたことがあります。すると、こんなこたえが。「3人とか4人とかお客さんがいて、助手席にもひとり座ることががあるでしょ。後ろの席が上司や接待相手だと、助手席のお客さんは荷物を抱えシートを前にスライドさせます。するとドアミラーが見えにくい。『ちょっと見えないんで……』と言うのも野暮なので、フェンダーミラーがいいんですよ」フェンダーミラーはO・MO・TE・NA・SHIでもあったんですね。
 それにしてもこのフェンダーミラーの存在感は、なかなかです。クルマの進化の過程を、一瞬止めて目撃しているよう。蛙へと成長する過程の、手足が生えたオタマジャクシにも似た違和感オーラ放出中です

f:id:takimasashi:20161117142320j:plain