読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あ ば ろ ん

瀧昌史どんぶらこっこすっこっこ旅日記

移動こそ善である

1950年代に登場したシボレー コルベット(Chevrolet Corvette)のコックピットです。オープンエアモータリングを満喫できるアメリカンプレステージスポーツカーとして誕生。ボートのようでもあり、宇宙船のようでもあり、デザインに華というより夢がありますね。アメリカは生善説ならぬ、移動善説の国であり、アメリカ車の魅力もそこに由来しているようです。移動は善なり、とアメリカ車はささやき、誘います。日本はどちらかというと農耕系移動悪説がマジョリティですね。いつしかアメリカ車は、尊大で過剰なものとされてしまったのも、実は移動善説がうとましいから、かもしれません。1982年に公開された映画「蒲田行進曲」の中に、売出し中の映画俳優、倉岡銀四郎の愛車として'70年代中期のモデルとおぼしきキャデラック フリードウッド ブロアム エレガンス(CADILLAC FLEETWOOD BROUGHAM ELEGANCE)が登場します。ボディ全体に王将駒が散りばめられたそれを運転する銀四郎、銀ちゃんの運転は滅茶苦茶で、「バッキャロ、キャデラックに免許がいるかよ!」との名台詞も。
 日本におけるアメリカ車のイメージは、この頃とあまり大差ないかもしれません。本当はかなりアップ トゥ デイトされているのですが、根底にある移動善説が受け入れ難いため、難癖をつけられているようにも思えます。移動善説支持者たる自分にとってアメリカ車は、今も夢のクルマです

f:id:takimasashi:20170302174823j:plain