読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あ ば ろ ん

瀧昌史どんぶらこっこすっこっこ旅日記

瓶たちは清く正しく美しく

なにしろ輸入に頼っているので、フィンランドの食卓において野菜は貴重です。ヘルシンキからはるか彼方のスノーリゾートでもそうでした。ここに来る途中、立ち寄った中華料理屋で「今日はとてもフレッシュな野菜が入ったので、さっと炒めましょうか?」と提案され、いいですね是非、と出てきたのは、シンプルなキャベツ炒め。日本人同行者は皆、無口になりました。

 テーブルに無造作に置かれたミネラルウオーターのガラス瓶が、どれもピカピカです。ミネラルウオーターが瓶入りで、しかもその瓶が新品同様というのは、なかなか貴重かもしれません。キャンドルの火、その揺らめきをものともせず、瓶たちは清く正しく美しくと、テーブルを見渡しています

f:id:takimasashi:20161007104847j:plain