読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あ ば ろ ん

瀧昌史どんぶらこっこすっこっこ旅日記

とうとう自立を切り出され

米ラスベガスで1月5日に開幕したコンシューマ・エレクトロニクス分野における世界最大の見本市、CES2017においてHONDAは、ライダーがいなくても自立する2輪実験車、Honda Riding Assistを世界初公開しました。ASIMOに代表されるヒューマノイドロボット研究で培ったHonda独自のバランス制御技術を二輪車に応用。ライダーが乗っていても、乗っていなくても自立することができ、ライダーが少しバランスを崩しても、バイク自体がバランスを保つことで、低速走行時や停止時のふらつき、取り回しの際の転倒リスクを軽減。その一方で、通常の走行時には、既存の二輪車と同等の操縦性を実現。ツーリングやバイクのある日常をより楽しいものにする提案、なのだそうです。ファンクションとしては、頷けます。YAMAHAが前二輪、後ろ一輪のLMW:Leaning Multi Wheel(リーニング・マルチ・ホイール)モデル、トリシティで具現した「ころばないバイク」に、さらに迫ったようです。
 長距離ツーリングの出先で、エンジンを切りサイドスタンドを出し、バイクを停めて降りたその瞬間の静寂。その静寂の中で、コイツ(←もちろん愛機)ととうとうここまでやってきたなあと、タンクを撫でる、みたいな感じにはたぶんならないのだろうなあ、なにしろ降りても自立してるんだものなあ、と。そこらへんが自分としては気がかりです

f:id:takimasashi:20170106120705j:plain