読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あ ば ろ ん

瀧昌史どんぶらこっこすっこっこ旅日記

ヒースロー空港における二つの留意点

シートベルト着用サインが点灯し、みるみる降下。ロンドン・ヒースロー空港(London Heathrow Airport)に向かう機内にて、そろそろ靴履くかと窓に目をやれば、珍しく雲の切れ間からロンドン中心部が一望できました。ヒースロー空港には二つ、注意すべきことがあります。まず、ショップの価格表示が€(ユーロ)ではなく、£(ポンド)であること。なにも空港に限った話ではありませんが、特に帰国便のトランジットの際は、要注意。ぼーっとした頭で、€レートで¥換算し「お!悪くない」と購入。後でクレジットカードの請求を見て憮然としたこと、二度や三度ではありません。二つめは、ロストバゲッジ(lost baggage)です。ヒースローは2013年まで国際線利用者数世界一を誇っていた大空港。急拡張の弊害か、高いロストバゲッジ率でも知られていました。自分も行きのトランジットでこれに合い、たまたま現地1泊の旅程だったため、結局、荷物喪失申告カウンターで受け取ったロストバゲッジキット(洗面用具、フリーサイズの下着、パジャマ、ポロシャツ等)で乗り切ったことがあります。
 戻ったら自分より先、スーツケースが帰宅していました。「会えなかったけど、お前もヒースローまでは来たんだよな」と、その荷解きには独特の空しさがありました

f:id:takimasashi:20160404102430j:plain